【試算してみた】残クレはいくら損する?マイカーローンとの違いと絶対覚えておきたいデメリット!

ローンについて

ディーラーで新車の商談をすると必ずと言っていいほど営業マンが薦めてくるのが残価設定型ローン。通称残クレと呼ばれる支払い方法です。

  • 月々の支払額が安い
  • 3年・5年毎に新車が乗れる
  • 車検費用も一切かからない

など魅力的なメリットをたくさん並べられ、

「詳しいことはわからないけどなんかお得そうだからとりあえず残クレで契約した。」

という方もたくさん知っています。

残クレは確かに便利は支払い方法ですが、クルマの利用シーンによっては損する可能性があります。

この記事では残クレのメリットやデメリット、金利が安くてお得と言われているマイカーローンとの支払総額の比較、そしてどんな方に残クレがおすすめなのか、詳しく解説していきます。

\無料でかんたん一括査定/

トータルの支払いを安く抑えたいならマイカーローンがおすすめ!

「とにかく支払総額を安く抑えたい」

という方には残クレは向いていません。

後で詳しく解説していますが、ほとんどの場合、残クレは月々の支払額を抑えることができる反面、金利の影響で支払総額が多くなります。

支払総額をとにかく安く抑えたいのであれば、銀行が提供している自動車を購入するためのローン「マイカーローン」が金利が低くておすすめです。

また、住宅ローンの借入で利用しているメインバンクなどの場合、金利がさらに下がる特典が付くこともありますので、まずはメインバンクのマイカーローンについて詳しく確認してみましょう。

残クレの仕組みをかんたんにおさらい!

残クレのメリット・デメリットを解説する前に、まずは残クレとはどんな仕組みなのか簡単にご紹介します。

残クレと言えば毎月の支払額が安いという印象をお持ちの方が多いと思いますが、これは本当です。

残クレで購入すると、車両価格のうち一部が残価として3年後または5年後に支払うことになります。

例えば300万円のクルマを購入する場合、通常のローンであれば300万円を分割して毎月支払いますが、残クレの場合は200万円が支払い対象で残り100万円は残価となるので、200万円を分割して毎月支払います。

要するに100万円分の月々の支払いが不要となるので、残クレの方が支払額が安くなるという仕組みです。

残りの100万円は、3年後・5年後の契約時点にディーラーが100万円でクルマを買い取りすることで残債が0円となります。

つまり、手元からクルマがなくなるので、新しくクルマを購入しなければなりません。

もしもクルマを手放したくないなら、残りの100万円を支払ってクルマを自分のモノにすることができます。

頭金を最初に払うのか、それとも最後に払うのかの違いをイメージするとわかりやすいでしょう。

残クレのメリット・デメリット

ディーラーの営業マンの説明ではメリットが強調されているので、プラスの面が目につきやすいのですが、当然マイナス面のデメリットもあります。

ここでは、残クレを利用したときのメリット・デメリットについてご紹介します。

残クレ 4つのメリット

まずは残クレのメリットから解説します。

月々の支払額を減らすことができる

残クレ最大のメリットともいえるのが月々の支払額を抑えられることです。

メーカーにもよりますが、残クレを利用することで通常のローンよりも約20~30%支払額を減らすことも可能なので、アルファードなどの高級車種も選択肢にすることも十分可能です。

頭金0円で新車を購入できる

普通カーローンを組んでクルマを購入する場合、頭金を入れて残額をローンで返済するのが一般的です。

また、頭金がないとカーローンを組めないこともあります。

しかし、残クレは頭金は一切不要。

頭金を貯めることなく新車を購入することができるので、貯金がないけど今すぐクルマが必要という方には大きなメリットになります。

定期的に新車を買い替えることができる

残クレは契約する際に3年または5年の契約期間を選択でき、契約期間終了時にクルマをディーラーに返却することで残債がなくなりますので、再び残クレを利用すれば頭金を準備することなく新車に乗り換えることができます。

例えば子どもが保育園に通っている間は軽自動車、小学校に上がってからミニバン、中学校に入学したらSUV、のようにライフステージに合わせて最適なクルマに乗り替えることができます。

買取価格が保証されている

残クレは3年後・5年後の残価率が契約時点で決められています。

残価率とはその時点でのクルマの価値で、ディーラーがその金額で買い取ることを保証している価格です。

つまり、残クレの契約が終了した時点で仮にクルマの中古車市場価値がどれだけ下がったとしても買取額は保証してもらえるので、のちのち損をするということはありません。

残クレ 4つのデメリット

残クレのメリットをご紹介しましたが、一方で残クレを利用する際のデメリットについて解説します。

メーカーによっては金利が高い

残クレの金利はメーカーによって異なり1.90~4.90%で設定されています。

また、1.90%という低金利は各メーカーごとに特定車種のみ設定されていますので、通常は2.99~4.90%の金利となります。

 

各メーカーの金利一覧

メーカー 金利
トヨタ 4.50%
日産 1.90~4.90%
ホンダ 1.90~3.50%
マツダ 2.99%
スズキ 2.90~3.90%
ダイハツ 4.90%
三菱 1.90~3.90%

※2019年6月12日現在

 

銀行系カーローンなら金利1.30%くらいのところも見つかりますので、支払総額としては残クレの方た多くなります。

残価に対しても金利がかかる

300万円のクルマを100万円の残価設定で購入する場合、月々の支払いは200万円を分割して支払うことになりますが、金利は200万円ではなく300万円に対してかかります。

そのため、同じ300万円のクルマを購入するとしても、残クレとカーローンを比較すると残クレの方が利息の支払額が多くなります。

残価保証の条件を満たしていないと追加代金の支払いが発生する

残クレは契約終了時にクルマを返却する際、中古車相場に関係なく残価を保証してくれる仕組みです。

しかし、この残価保証には条件が定めれており、条件を満たせない場合はクルマを返却する際に追加で代金を支払う必要があります。

 

メーカーによって多少違いはありますが、一例として日産の残価保証の条件をご紹介します。(日産公式サイトより引用)

1)レース(競技会等)での使用、その他違法改造等がなされていないこと。

2)事故による修復歴がないこと

3)走行距離が事前に設定した下表の距離数以下であること

契約走行距離基準 精算 3年(36回) 4年(48回) 5年(60回)
1,000km/月コース 免責基準 36,000km 48,000km 60,000km
精算可能上限 54,000km 72,000km 90,000km
1,500km/月コース 免責基準 54,000km 72,000km 90,000km
精算可能上限 81,000km 108,000km 135,000km

4) 内・外装の損傷による日産販売会社による査定減点が下表の免責基準の範囲内であること。

車種 免責基準 精算可能上限値
フーガ・GT-R・フェアレディZ・エルグランド・シーマ 20万円以内 25万円
スカイライン・ティアナ・NV350キャラバン 15万円以内 20万円
日産リーフ・シルフィ・マーチ・ノート・キューブ・エクストレイル・ジューク・セレナ・NV200バネット・デイズ ルークス・デイズ・NV100クリッパー リオ 10万円以内 15万円

 

簡単にいうと月間走行距離が多かったり、事故やクルマにキズが付いている場合は残価保証の条件を満たしていないため、追加で支払いが発生することになります。

残クレとマイカーローンで支払総額をシミュレーション

残クレとマイカーローンで比較するとどのくらい支払総額に差がでるのか気になりますよね。

そこで、ボディータイプ別に支払総額を試算してみました。

ちなみにマイカーローンの金利は1.30%と1.80%の2通り、残クレは残価を支払って購入した場合として試算しています。

軽自動車「ダイハツ タント」で比較

ダイハツの残クレ「ワンダフルクレジット」の金利は一律3.90%になります。

タント G SAⅢの場合(車両本体価格1,420,200円)

残クレ5年コース カーローン(1.30%) カーローン(1.80%)
月々 6,900円 25,490円 25,812円
ボーナス月 60,000円 25,490円 25,812円
総支払額 1,628,395円 1,529,400円 1,548,720円

タントを購入する場合、残クレとカーローンでは総支払額が8万~10万円くらい差が出ます。

また、残クレの残価は460,000円となりますので、契約終了時に返却するか残価を支払って買い取るかタントを返却しなければなりません。

コンパクトミニバン「ホンダ フリード」で比較

ホンダの残クレの金利は1.90~3.50%ですが、フリードの場合は3.50%になります。

フリード HYBRID G Honda SENSINGの場合(車両本体価格2,496,000円)

残クレ5年コース カーローン(1.30%) カーローン(1.80%)
月々 34,000円 45,986円 46,566円
ボーナス月 0円 45,986円 46,566円
総支払額 2,840,797円 2,759,160円 2,793,960円

フリードを購入する場合、残クレとカーローンでは総支払額が5万~8万円くらい差が出ます。

また、残クレの残価は832,001円となりますので、契約終了時に返却するか残価を支払って買い取るかフリードを返却しなければなりません。

高級ミニバン「トヨタ ヴェルファイア」で比較

トヨタの残クレの金利は一律4.50%です。

ヴェルファイア Z Aエディションの場合(車両本体価格3,714,120円)

残クレ5年コース カーローン(1.30%) カーローン(1.80%)
月々 53,700円 77,332円 78,307円
ボーナス月 0円 77,332円 78,307円
総支払額 4,844,318円 4,639,920円 4,698,420円

ヴェルファイアを購入する場合、残クレとカーローンでは総支払額が20万~25万円くらい差が出ます。

また、残クレの残価は1,670,544円となりますので、契約終了時に返却するか残価を支払って買い取るかヴェルファイアを返却しなければなりません。

【まとめ】残クレが向いているのはこんな人!

ここまで残クレのメリット・デメリットやマイカーローンとの比較を見てもらってわかる通り、決して残クレがお得ということはありません。

しかし、以下に該当する方は残クレを検討してもよいでしょう。

  • 頭金なしで新車を購入したい
  • 月々の支払額を減らしたい
  • 毎月の走行距離は1000km以下
  • 運転に自信がある(事故を起こさない)
  • 生活環境の変化で3~5年で自動車を買い替える可能性がある

特に頭金なしですぐにクルマを購入できること、月々の支払額を抑えることができること、この2つは非常に大きなメリットになります。

支払総額が高くなることを理解したうえで、すぐにクルマが必要ということであればむしろ残クレはおすすめです。

また、子どもの成長に合わせてクルマの乗り換えが必要になることが多い子育て世代の家庭も残クレという選択肢はアリだと思います。

一方、頭金を準備できて毎月の支払額にも不安がないのであれば断然マイカーローンがおすすめです。

知ってますか?車は値引きより今乗っている車を高く売る方が簡単です

車を買うときに値引き額に目が行きがちですが、下取り額も気にしていますか?

車を購入したお店にそのまま下取りに出すと、購入する車の値引き額と下取り額で金額調整することができますので損してしまいます。

管理人も愛車だったヴィッツをディーラーに下取りした後に、あと30万円高く売れることに気がつき後悔しました

車を高く売るためには、複数の業者から見積もりを集めて買取価格を比較することが一番大切です。

申し込みも簡単で3分で終わりますよ。

>愛車はいくら?一括見積もりのお申し込みはこちら<

\無料でかんたん一括査定/

スポンサーリンク