ヤリスとヴィッツはどこが違う?買うならどっちがおすすめなのか徹底比較!

トヨタ車の徹底評価

2020年2月に日本国内で発売されるヴィッツの後継モデルとなるヤリス。

プラットフォームをはじめ、ほぼ全面的に刷新されたため車名自体も変更されました。

ヤリスにモデルチェンジ後はヴィッツを新車では購入できなくなりますが、販売台数も多いので中古車市場でも状態の良いヴィッツを購入するという選択肢もアリだと思います。

この記事では、ヤリスになったことでどこが変わったのか、これから買い替えるならヤリスとヴィッツどちらがおすすめなのか、変更ポイントを中心にご紹介します。

スポンサーリンク

トヨタ ヤリスを安く買う方法!

自動車を購入する際、値引き交渉はセールスマンと駆け引きが必要で大変ですが、手っ取り早くトヨタ ヤリスを安く購入する方法があります。

それは今乗っている車を下取りしないことです。

車を購入するお店に下取りしてもらうと、下取り額と値引き額を自由に調整できてしまうため、下取り額を安く設定して値引き額を大きく見せることもできてしまいます。

しかし、購入するお店とは別のお店に車を売ることで、購入するお店とは純粋に値引き額だけの交渉が可能になります。

そこでおすすめなのが車買取専門店です。

その名のとおり車の買取に特化しているので、下取りよりも高く買い取ってもらえます。

車買取専門店によっては数十万円の差がありますので、一括査定で複数業者から見積もりをとるようにしましょう。

\無料でかんたん一括査定/

参考記事:
【最新版】車を高く売りたいならネットで不評の一括査定がやっぱりおすすめ!

ヤリスのヴィッツからの進化ポイント!

ワンクラス上のクルマを目指して開発されたヤリスは、トヨタの最新プラットフォーム「TNGA」、1.5L直3エンジン+モーターの高出力なハイブリッドシステムを採用。また、エクステリアは「B-Dash」をコンセプトとして「大胆に、活発に、そして美しく。さらに、鋭い加速で、弾丸のようにダッシュする」というイメージが込められています。

トヨタ初となる先進安全技術を採用!

トヨタ初となる並列&縦列駐車を全面サポートする駐車支援システムと、右折時に対向車や歩行者を検知する右折時プリクラッシュセーフティーを採用しています。

ラリーで培った高い走行性能!

TNGAプラットホームの採用により従来比で車重は50kg軽量化に成功。また、ねじり剛性を30%強化し、重心高を15mm下げたことで優れた操縦安定性と上質な乗り心地を実現しています。

E-Four(4WD)のリアサスには、レーシングカーなどに採用されている新開発の2リンクダブルウィッシュボーンを装備。タイヤと路面の接地面が維持されることでグリップ力を保ち、安定した走りと走行時の上下動作が押されられ、乗り心地が大幅に向上しています。

スタイリッシュに進化!ヤリスとヴィッツのエクステリアを比較!

まずは一番大切な見た目を比較してみます。

ヤリス フロントビュー

ヤリス リアビュー

ヴィッツ フロントビュー

ヴィッツ リアビュー

車名が変わったとはいえヤリスはヴィッツの後継車ということもあり、フロントマスク・リアマスクともにヴィッツを踏襲したデザインになっています。

しかし、フロントグリルのデザイン変更、ブラックのリアガーニッシュにより高級感が増した雰囲気を演出しています。

また、なによりボディーとリーフが異なる色を選択できるツートンカラーにより、外車のようなデザインで幅広い年齢層に人気が出そうです。

ヤリスとヴィッツのインテリアを比較!

ヤリス ヘッドレスト一体型シート(カタログより)

ヤリスの内装はヴィッツ同様シンプルなデザインで年齢問わず乗りやすいのが特徴で、内装色はブラックと白っぽいクレアトープから選択可能です。

また、インテリアとしてはシートが特徴的で、グレード「HYBLID G」「G」「HYBLID X」「X」にはヘッドレスト一体型シートが標準装備。「プレミアムスポーティー」のコンセプトをもとにヤリス専用に開発されたシートは優雅でモダンな印象を与えてくれます。

ヤリス インテリア①

ヤリス インテリア②

ヤリス インテリア③

【まとめ】これから買うならヤリスがおすすめ!

ヴィッツからヤリスへの変更ポイントをまとめました。

  • 1Lから1.5Lへ排気量アップによる力強い走り
  • TNGAプラットフォームの採用により軽量化&剛性アップを実現
  • トヨタ初となる並列&縦列駐車してくれる駐車支援システムと右折時に対向車や歩行者を検知する安全技術を採用
  • ツートンカラーもラインナップした高級感のあるエクステリア
  • シンプルで使いやすいインテリア

トヨタ ディーラーのセールスマンとお話させていただきましたが、トヨタとして今年ちからを入れているのがこのヤリスだそうです。

特に降雪地帯では、これまでアクアなどの同クラスハイブリッドカーでは4WD仕様車がありませんでしたが、ヤリスの登場によりコンパクトカーの4WDという要望を満たせるようになったため、これからは間違いなくトヨタの主力車種となるということでした。

また、リセールバリューの面からも現行モデルとなるヤリスの方が有利です。

価格面でもそれほど違いはありませんので、これから購入するなら間違いなくヤリスの方がおすすめです。

もしも本気で購入を検討しているなら、ライバル車となるトヨタ シエンタと比較して交渉を進めることで最大限の値引きを引き出せる可能性が高くなるでしょう。

また、ディーラーは下取り価格と値引き額を調整することができますので、ヤリスの交渉前に”ディーラー以外”で今乗っている自動車の価格を確認しておくことも重要です。

まずは車買取専門店に見積もりをもらってから新車購入の交渉に臨みましょう!

のおすすめ関連記事

知ってますか?車は値引きより今乗っている車を高く売る方が簡単です

車を買うときに値引き額に目が行きがちですが、下取り額も気にしていますか?

車を購入したお店にそのまま下取りに出すと、購入する車の値引き額と下取り額で金額調整することができますので損してしまいます。

管理人も愛車だったヴィッツをディーラーに下取りした後に、あと30万円高く売れることに気がつき後悔しました

車を高く売るためには、複数の業者から見積もりを集めて買取価格を比較することが一番大切です。

申し込みも簡単で3分で終わりますよ。

>愛車はいくら?一括見積もりのお申し込みはこちら<

\無料でかんたん一括査定/

スポンサーリンク

車検代を2~3万円節約する方法教えます!
詳細はこちら
車検代を2~3万円節約する方法教えます!
詳細はこちら