査定前に修理するよりもヘッドライトを磨くべき理由

 

査定前にキズやヘコミを修理すると損をする

査定を行う際、ボディーにキズやヘコミがあると当然マイナス査定となり、査定額が低くなります。そのため、査定前に修理した方がよいのか悩んでいる方が多いですが、基本的にはキズやヘコミは修理せずそのまま査定してもらうことをおすすめます。

 

修理費用を査定額のアップ分で回収することは無理

買取業者は自社もしくは提携先として整備工場と整備スタッフを持っており、キズやヘコミだけではなく故障している中古車なども整備をしてから流通させています。そのため、ディーラーや板金屋さんで修理するよりも自社で安く修理できるため、査定額が高くなったとしてもディーラーや板金屋さんへ支払った金額分を査定額で回収することは難しいのです。

 

査定額に影響するキズ、ヘコミ

車はいくら大切に乗っていても傷やヘコミはできますが、爪がひっかからない程度の傷であれば査定では減点にならないと言われています。また、キズの大さも1cm程度であれば減点の対象となりません。

目安としては、クレジットカードのサイズより小さいキズなら1万円、A4程度のキズであれば3万円程度のマイナス査定になるとされています。

 

タッチペンによる修理はマイナス査定の可能性が高くなる

ディーラーや板金屋さんによる修理は費用が高いので、タッチペンでキズを隠す方法もありますが、慣れていない人がやるとタッチペンでキズを隠すつもりが逆に目立ってしまう場合が多く、マイナス査定の一因となる可能性が高くなります。

キズやヘコミはおとなしくそのままにした方が無難でしょう。

 

ヘッドライトのくすみ取りは費用対効果が高い

車を長年乗っていると、ヘッドライトがくすんできます。査定の際は車のボディーコンディションも判断基準となりますが、ヘッドライトの状態ももちろん重要な確認ポイントになります。ヘッドライトのくすみ取りはカーショップで3000円くらいで磨いてもらうことができます。ヘッドライトがくすんでいる車ときれいな車では査定時に数万円違う場合もあると言われています。

3000円も出したくないのであれば、アマゾンなどで1000円くらいでくすみ取りのキットが売っているので自分でやってみるのもよいでしょう。

ヘッドライトのくすみ取りを行うことにより必ず査定額がアップするというわけではありませんが、費用対効果という意味ではキズやヘコミを修理するよりも効果は見込むことができます。

 

まとめ

車を急いで売らなければいけない事情があるのであれば、最低限洗車と車内のクリーニングだけで十分ですが、もしも時間に余裕があるのであればヘッドライトを磨いてくすみ取りだけでもやっておくことをおすすめします。

[get_kaitori_footer_01]