お得な未使用車(新古車)の選び方がわかる!メリット・デメリットから探し方・値引き相場まで徹底解説!

車を安く買う方法

中古車ショップや中古車サイトで走行距離10キロとかの車を見かけたことがあると思いますが、これらの中古車は未使用車(新古車)と呼ばれ、最近では未使用車専門店なども増えてきました。

未使用車(新古車)には大きなデメリットもなく、新車同様の車を数万円~数十万円安く買うことができるので間違いなくオススメできる買い方ですが、車を購入してから損をしないために探し方や未使用車(新古車)を購入する前に抑えておきたいポイントなどがありますので、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

そもそも未使用車(新古車)とは何なのか?

未使用車(新古車)とは、名義登録されているもののまだ誰も使用していない自動車のことです。

未使用車と新古車という表現がでてきますが、実はどちらも同じ意味で使われています。

しかし、新古車という表現は「新車をイメージさせて購入させやすくするための不当表示にあたる」として「自動車公正競争規約」により新古車という表現を使用することは禁止されたため、現在は未使用車(または「登録済み未使用車」)と表現することになっています。

なぜ未使用車(新古車)が存在するのか?

なぜわざわざ新車を購入しておきながら一度も乗らず中古車として販売しているのか不思議ですよね?

「なんか怪しい…」と思うかもしれませんが、そんなことは一切ありませんので安心してください!

未使用車が存在する理由は大きく2つあります。

ユーザーにキャンセルされた新車の処分のため

自動車はユーザーから注文を受けてから製造(仕上げ)されますが、グレード・ボディーカラー・メーカーオプションなどの注文内容を誤って発注したり、ユーザーのやむおえない都合でキャンセルになることがあります。

製造前のキャンセルであれば問題ありませんが、すでに製造されてしまっている場合はキャンセルすることができないため、この車をディーラー側で処理しなければならないため、少しでも損失を少なくするために新車登録を行い未使用車として販売したり、未使用車専門店へ売却して現金化することもあります。

メーカーからの奨励金やノルマ達成のため

ディーラーはメーカーから「販売目標」のノルマが設定されており、その販売目標を達成することで高額な報奨金がもらえる仕組みになっています。

そのため、ディーラーは販売目標を達成することに必死で、販売目標に到達できそうにない場合は自社名義で新車を購入して目標を達成するということもあります。

その際に購入した新車をディーラーが持っておいてもしょうがないので、未使用車(新古車)として販売しています。

未使用車(新古車)のメリットは?

未使用車(新古車)にはたくさんメリットがありますのでご紹介します。

ほぼ新車を安く購入できる!

未使用車(新古車)の一番のメリットは、何と言ってもシートカバーがまだかかっていて数キロくらいしか走っていないようなほぼ新車を安く買えることです。

また、新車購入時に自己負担となる重量税を支払う必要がなく、自動車取得税や自賠責保険といった諸経費も安くなります。

車購入時にかかる諸経費については以下の記事で詳しくご紹介していますのでよければご覧ください。

参考記事:簡単!車の諸経費まるわかり!

故障時も新車と同じ保証を受けられる!

新車で購入した場合はメーカー保証がつきますが、メーカー保証には「一般保証」と「特別保証」の2種類があります。

「一般保証」はすべての新車に標準で付いてくる保証で、トヨタ・ホンダでは3年間または6万キロまで保証されます。「特別保証」は希望する購入者が別途費用を支払って加入する保証で、保証年数を増やしたり保証範囲を広げたりできます。

未使用車(新古車)で購入した場合もメーカー保証期間内であれば保証を受けることができますが、「保証継承」という手続きをしないと適用されないので注意してください。

未使用車(新古車)の購入時に販売店から「保証継承」について説明があるとは思いますが、何かあってからでは遅いので必ず忘れずに手続きはしなければいけないことを覚えておきましょう。

新車と比べて納車が早い!

通常、車を新車で購入する場合はお客様から受注してからの製造となるため納車まで1ヶ月以上かかることもあります。しかし、未使用車(新古車)の場合は店頭に車両がおいてありますので、早ければ1週間程度で納車できます。

「新車がほしいけど納車までそんなに待てない!」という方には未使用車(新古車)はうってつけです。

未使用車(新古車)のデメリット・注意点は?

未使用車(新古車)には大きなデメリットはありませんが、いくつか注意点はありますのでご紹介します。

グレード・ボディーカラー、メーカーオプションは選べない

未使用車(新古車)はすべて現物限りの一点ものなので、グレード・ボディーカラー・オプションが希望条件通りの未使用車が見つかるとは限りません。

ちなみに、ディーラーで取付可能なディーラーオプションであれば後から取付可能ですが、メーカーオプションは新車の製造工程で取り付けられるオプションのため、すでに完成した状態で販売されている未使用車(新古車)には取付することはできません。

売り切れの可能性があるため決断を急ぐ必要がある

未使用車(新古車)はほぼ新車を安く購入できることからとても人気があるため、人気車種や人気グレードの未使用車(新古車)はあっという間に売り切れてしまいます。

未使用車(新古車)を探す場合はあらかじめグレード、ボディーカラーなどの妥協ラインを明確に決めておき、条件を満たした一台が見つかったら即決するくらいの感覚で探した方がよいでしょう。

車検期間が短い

新車の場合、車検は登録から3年間となりますが、未使用車(新古車)は登録から日数が経過しているため、その分、車検期間が短くなります。

2オーナー車になる

未使用車(新古車)はディーラーが新車登録を行っていますので、購入した時点で通常の中古車と同じく2オーナー目になります。

「2オーナーだと手放すときにマイナス査定にならない?」と思うかもしれませんが、オーナー数は査定時にそれほど重要ではありませんので気にしなくても大丈夫です。

未使用車(新古車)の流通台数は?

カーセンサーでボディータイプ別に未使用車(新古車)の流通台数を調べてみました。

ちなみにカーセンサーでは検索条件に「未使用車」と「ボディータイプ」の項目がありますので、簡単に絞り込むことができます。

ボディータイプ 未使用車登録台数
軽自動車 1,049台
コンパクトカー 289台
ミニバン 1,987台
SUV 736台
クーペ 102台
セダン 83台

※2019年2月時点

未使用車(新古車)全体としては3,500台以上ありましたが、ミニバンや軽自動車、SUVなど人気ボディータイプの車種が多く出品されていました。

つまり、人気のある車ほど未仕様車(新古車)で見つかりやすいということですね!

\お買い得な未公開の中古車がたくさん見つかる!/

未使用車(新古車)の値引き相場はどのくらい?

未使用車(新古車)はそもそも新車で購入した車を安く売っているため利益がほとんど出ず、値引き交渉にはほとんど応じてもらえません

そのため、値引きではなくスタッドレスタイヤをつけてもらったりフロアマットやハンドルをディーラーオプションのものに交換してもらうなど、値引き以外のところでサービスしてもらえるように交渉することをオススメします。

未使用車(新古車)の探し方は?

未使用車(新古車)の専門店も増えていますので、一軒ずつ直接回ってみたり、Gooやカーセンサーなど中古車情報誌で探してみるというのもアリです。

しかし、この方法で目的の車種・グレード・ボディーカラーの車両を見つけることは難しく、また、運よく見つかったとしてもすぐに売れてしまう可能性があるため、あまり効率がよい探し方とは言えません。

そこでおすすめなのがネットを利用して未使用車(新古車)を探す方法です。

月に1回発売される中古車情報誌とは異なり中古車ショップに未使用車(新古車)が入荷したタイミングで情報が更新されるため、自分の希望にあった車両が店頭に並ぶと同時に見つけることができます。

また、簡単に中古車ショップの地域や車種・グレード・ボディーカラーなどの希望条件で絞り込んで検索することもできるので、いちいち実店舗を回って探す手間もないので断然おすすめです。

もちろん無料で利用できるので、未使用車(新古車)探しで使わない手はないですね!

\お買い得な未公開の中古車がたくさん見つかる!/

【まとめ】未使用車(新古車)はオススメ!ネットをうまく活用して楽して希望の一台を見つけよう!

この記事のまとめ!

  • メリット①ほぼ新車を安く購入できる
  • メリット②故障時も新車と同じ保証を受けられる
  • メリット③新車と比べて納車が早い
  • デメリット①グレード・ボディーカラー、メーカーオプションは選べない
  • デメリット②売り切れる可能性がある
  • デメリット③車検期間が短い
  • デメリット④2オーナーになる
  • 値引きは期待できない
  • 店舗を回るよりネットを駆使して探すのが効率的

「絶対新車!」というこだわりがないのであれば、未使用車(新古車)はメリットが大きいのでオススメです。

また、仮に新車を購入するにしても、未使用車(新古車)の相場を把握しておけば値引き交渉にも使えるので、まずは自分の欲しい車を探してみてください!

\お買い得な未公開の中古車がたくさん見つかる!/

知ってますか?車は値引きより今乗っている車を高く売る方が簡単です

車を買うときに値引き額に目が行きがちですが、下取り額も気にしていますか?

車を購入したお店にそのまま下取りに出すと、購入する車の値引き額と下取り額で金額調整することができますので損してしまいます。

管理人も愛車だったヴィッツをディーラーに下取りした後に、あと30万円高く売れることに気がつき後悔しました

車を高く売るためには、複数の業者から見積もりを集めて買取価格を比較することが一番大切です。

申し込みも簡単で3分で終わりますよ。

>愛車はいくら?一括見積もりのお申し込みはこちら<

\無料でかんたん一括査定/

スポンサーリンク

車検代を2~3万円節約する方法教えます!
詳細はこちら
車検代を2~3万円節約する方法教えます!
詳細はこちら