車の一括査定でよくあるトラブルと対処方法

 

車というのは、重要な資産です。しかし、人によっては愛車を査定に出そうと考えます。その理由については、車の買い替えであったり、資産の整理であったりと、色々あるでしょう。では、実際に車を査定してもらう場合、どのようなトラブルが発生しうるのでしょうか。今回は、そのトラブルに対する対処方法についても説明します。

一括査定の利用時によくあるトラブル

車の一括査定を利用することには、大きなメリットがあります。多くの業者に短時間で査定してもらうことになるため、納得のいく価格で売却しやすいというわけです。しかし、一括査定を利用する前に、トラブルの可能性について踏まえておかなければなりません。そこで、利用時によくあるトラブルをご紹介します。

大量の買取業者から営業電話がひっきりなしにかかってくる

トラブルの1つとして挙げられるのが、営業電話が多くかかってくるということです。査定にあたっては、電話番号等の個人情報を業者側に提供することになるため、その業者から電話がかかってくる場合があります。1回や2回ならともかく、しつこいほど何回もかかってくるのは問題です。

そこで、解決策として挙げられるのが、キャンセルです。利用者側としては、査定にかかる情報がある程度得られれば、各業者と執拗にやり取りをする必要はないはずです。そのため、査定の申し込みそのものをキャンセルしてしまうことが、有効な解決策になるのです。

また、それでも電話がかかってくる場合には、キャンセル済みの旨を伝えるといいでしょう。

概算の金額と実際の査定額が全然違う

一括査定を利用した場合、業者側から概算の金額が提示されるケースがあります。あくまでも概算であるため、実際の査定額との間に誤差が生じる場合もあります。わずかな誤差であれば、そのまま車を売却してしまう人が多いでしょう。

しかし、場合によっては、概算の額と査定額との間に、あまりに大きな差が生じることもあるのです。想定していた額よりも高くなるのならまだしも、低くなってしまうのでは納得がいかないはずです。従って、その場合には、売却を取りやめるというのが最善の方法になるでしょう。

買取業者の強引な契約交渉

一括査定を利用した場合、業者とやり取りをすることになりますが、中には少々強引な交渉を持ちかけてくる人がいます。

電話で交渉をされるということであれば、断りを入れるのはそれほど苦ではないでしょう。車をすでに売却済みであるという旨を伝えたり、他の業者に決めた等と言っておけば、それ以上しつこく言ってはこないはずです。

問題は、家に買取業者が訪問してきた場合です。このような場合、人によっては交渉を振り切るのが大変に感じるかもしれません。

しかし、車を売却するか否かの判断は、その車の持ち主がすることです。そのため、拒否するという強い姿勢を見せれば、業者側もそれ以上しつこく交渉してこないでしょう。また、その場で断りづらい場合には、何か理由をつけて一旦帰ってもらい、後から電話で断りを入れるのがいいでしょう。

トラブルを予防するために信頼できる一括査定を利用する

これまで、車の一括査定を利用することによって生じうるトラブルとその解決策について説明してきました。確かに、一括査定の利用によって面倒なトラブルに遭う可能性はあります。しかし、一括査定そのものは非常に便利です。そのため、一括査定サービスの存在を全否定する必要はないでしょう。

重要なことは、信頼度が極めて高い一括査定サイトを利用するということです。それによって、トラブルを未然に防ぐことにもつながります。

車を売却する機会というのは、人生のうちにそう何度もあるわけではないため、後悔のないようにしましょう。