ハイブリッドカーを中古車で購入するときの選ぶポイント

多くの人々が好む車のタイプとして挙げられるのが、ハイブリッドカーです。

ハイブリッドカーの強みの1つは、燃費が良いということです。

燃費が良ければ、維持費がその分安く済むことになるため、家計にやさしいというわけです。

しかし、ハイブリッドカーは、基本的に価格が高いです。そのため、新車となるとなかなか購入は難しいでしょう。

しかし、中古であれば、比較的安めの価格で販売されているケースがあります。

そのため、予算内での購入も可能かもしれませんね。

しかし、中古車を購入する場合には、前もってポイントを踏まえておく必要があります。

そこで、今回はそのポイントについて説明しましょう。

スポンサーリンク

バッテリーの状態

車には、色々なものが搭載されていて、バッテリーもその1つです。

中古車を購入するにあたっては、このバッテリーの状態についてしっかりと確認しておく必要があります。

仮に、バッテリーが相当に消耗していた場合、車の購入後にすぐ交換しなくてはならない可能性があります。

ここで問題になるのが、バッテリー交換にかかる費用です。

数百円で済むならいいのですが、実際そうはいきません。

数万円程度はかかるとみていいでしょう。

そのため、バッテリーの製造年月日等についてはきちんとチェックしておきましょう。

また、販売されている中古車のバッテリーが、すでに交換されている可能性もあります。

その場合、どれくらい前に交換されたものなのかという点も事前にチェックしておきたいですね。

劣化したバッテリーが入った中古車を購入してしまうと、後から出費がかさむことになってしまうのです。

トータルコストで損をしないか

中古のハイブリットカーを購入する際にチェックすべき点としては、トータルコストも挙げられます。

ここで言うトータルコストとは、車両本体の価格だけでなく、維持費なども加算したトータルのコストのことを言います。

現代では、豊富な種類の車が販売されていますが、同じ車種でも、ガソリン車とハイブリット車の両方が用意されているケースもあるのです。

確かに、ハイブリット車の方が燃費は良いため、そちらを選ぶのは当然でしょ?と思う人もいるでしょう。

しかし、ガソリン車とハイブリット車の本体価格の比較、そして維持費の比較をしてみると、トータルではガソリン車の方が安く済むという可能性もあるのです。

つまり、ハイブリット車であるからと言って、一概にトータルコストが低いとは限らないというわけですね。

従って、そのようなポイントについては事前にしっかりと確認しておきましょう。

中古車を購入する場合には、色々な角度から費用面について検討する必要があるのです。

ハイブリッドカーは保証付きがおすすめ

中古のハイブリットカーを購入する際には、保証付きであるか否かという点も確認した方が良いでしょう。

また、保証にもいくつか種類がありますが、基本的にはディーラー保証がオススメです。

その理由は、サービス内容が比較的充実しているからです。

また、保証期間内に何かあった場合の対応についても、かなり高いレベルを期待できます。

もちろん、メーカーによって、ディーラー保証のサービス内容は変わってきます。

しかし、基本的にはおおむね満足できるものだと思います。

中古車を購入する以上は、色々なリスクについて考慮しなくてはなりません。

そのため、ディーラー保証などの保証付き中古車というのは安心できますよね。

また、存在する具体的な保証名については、日産のワイド保証や、トヨタのロングラン保証、スズキのOK保証などが挙げられます。

試しに、それぞれのサービス内容について比較してみると良いでしょう。

知ってますか?車は値引きより今乗っている車を高く売る方が簡単です

車を買うときに値引き額に目が行きがちですが、下取り額も気にしていますか?

車を購入したお店にそのまま下取りに出すと、購入する車の値引き額と下取り額で金額調整することができますので損してしまいます。

管理人も愛車だったヴィッツをディーラーに下取りした後に、あと30万円高く売れることに気がつき後悔しました

車を高く売るためには、複数の業者から見積もりを集めて買取価格を比較することが一番大切です。

申し込みも簡単で3分で終わりますよ。

>愛車はいくら?一括見積もりのお申し込みはこちら<

\無料でかんたん一括査定/

スポンサーリンク