激安中古車が販売されている理由。確かに安いけど本当にお得なの?

 

長距離を短時間で移動する際には、車が必要になってきます。車は高価なものであるため、色々な機能が兼ね備えられたハイテクなタイプのものは購入が難しいです。しかし、その一方で、激安中古車が販売されている事実もあります。では、そのような激安の車を買うことは、果たして本当に得なのでしょうか。

なぜ激安中古車が販売されているのか

車というのは、高い技術をもって生産されるものです。そのため、あまり安い価格で販売してしまうと利益になりません。そのため、それ相応の価格がつけられることが基本です。しかし、現実的に、激安中古車は数多く存在しています。では、なぜあのような価格帯で販売されているのでしょうか。

車の状態か良くない

激安中古車の特徴として挙げられるのが、車の状態が良くないということです。もちろん、走ることは走ると思いますが、いつ故障してもおかしくない状態にはなっているでしょう。また、車体に多数の傷があるケースもあります。そのため、そのような質になっているからこそ、激安での販売が可能となっているのです。

車検代などの整備で利益を出すため

激安中古車を販売する業者は、別の面で利益を上げているケースがあります。例えば、整備面です。故障した車を修理することで得られる修理代や、点検時に得られる車検代などで売上を挙げることができれば、激安中古車を販売する余裕も生まれるということではないでしょうか。

激安中古車を選ぶ場合は基準を明確にする

激安中古車には、デメリットの面があります。そのため、激安中古車を買う場合には、前もって基準を明確にする必要があるでしょう。ただ安いからという理由だけで買ってしまうと、後から損をすることになるかもしれません。

とにかく安く済ませたい

人によっては、車のデザインというものに強いこだわりを持っています。その一方、全くデザインを気にしない人がいるのも事実です。そのため、デザインなど気にせず、安ければどんな車でも良いと思うのであれば、激安中古車でも満足して乗り続けられるかもしれません。

乗る期間が限られている

一度車を買えば、長い期間乗り続けるのが普通です。高い買い物ですから当然と言えば当然でしょう。しかし、生活を送っていると、短期間だけ車が必要になる場合が生じるかもしれません。そのような場合は、故障しやすい激安中古車でも十分満足できるのではないでしょうか。

故障時に修理をするかも決めておく

激安であることには、何かしら理由があります。そのため、激安中古車を買う場合には、あらかじめ故障の可能性について考慮しておく必要があります。故障しても、修理が可能な場合がありますが、この手の車であればまた故障が発生する可能性があります。そのため、故障したら修理するのか、あるいは買い替えるのかをはっきりさせておく必要があるというわけです。

トータルコストで見ると状態のよい中古車を買ったほうがよい

トータルコストという点で考えるならば、激安中古車よりも、状態が良い中古車を買った方が良いでしょう。ここでは、その理由を説明します。

車検代、修理代などが思ったより高くつくことも

激安中古車ですから、買う時の出費は少なく抑えられるでしょう。しかし、その後、車検や修理等により、どんどん費用がかかってしまうのです。特に、激安中古車の場合は予想外の出費が懸念されます。結果的に、高くついてしまうということですね。

長い目で見たら普通に状態のいい中古車を買ったほうがよい

激安中古車を買っても、数年先のことまで考えると、必ずしも安い買い物とは言えないでしょう。そのため、多少高くとも、状態の良い中古車を買った方が良いと思います。