【注目はクロスター】ホンダ 新型フリードはどこが違う?新旧モデルの違いを徹底比較!

ホンダ車の徹底評価

2019年10月にマイナーチェンジを行うホンダ フリード。

2代目となる現行モデルは2016年に発売を開始して以来、初の大型マイナーチェンジとなります。

今回は新型フリードの特徴や現行モデルとの変更点、そして今回の目玉ともいえる「CROSSTAR クロスター」(クロススターじゃないので注意!)についてご紹介します。

スポンサーリンク

ホンダ 新型フリードを安く買う方法!

自動車を購入する際、値引き交渉はセールスマンと駆け引きが必要で大変ですが、手っ取り早くホンダ 新型フリードを安く購入する方法があります。

それは今乗っている車を下取りしないことです。

車を購入するお店に下取りしてもらうと、下取り額と値引き額を自由に調整できてしまうため、下取り額を安く設定して値引き額を大きく見せることもできてしまいます。

しかし、購入するお店とは別のお店に車を売ることで、購入するお店とは純粋に値引き額だけの交渉が可能になります。

そこでおすすめなのが車買取専門店です。

その名のとおり車の買取に特化しているので、下取りよりも高く買い取ってもらえます。

車買取専門店によっては数十万円の差がありますので、一括査定で複数業者から見積もりをとるようにしましょう。

\無料でかんたん一括査定/

参考記事:
【最新版】車を高く売りたいならネットで不評の一括査定がやっぱりおすすめ!

目玉の新モデル「CROSSTAR(クロスター)」!

クロスオーバーSUV風テイストを取り入れた新モデル「CROSSTAR(クロスター)」がラインナップ。

16インチアルミホイール、メッキ仕様の専用フロントグリル、悪路走行時の石はねなどからボディーを守ってくれるボディプロテクターパーツ、汚れが付きにくい撥水加工ファブリックシート・撥水加工ソフトパッド、ルーフレールなどが装備されています。

普段の街乗りから海や山などアウトドアまで幅広いシーンで活躍してくれる一台です。

荷物もガンガン積める!アウトドア派のファミリー層にピッタリ

ホンダの特徴である低床設計のおかげで広々としたラゲッジスペースを確保。

ユーティリティーボードを使うことで上下2分割して収納することができるので、荷物のサイズや用途に合わせて柔軟に収納することができます。

スタイリッシュに進化!新旧モデルのエクステリアを比較!

まずは一番大切な見た目を比較してみます。

新型フリード

新型フリード

現行フリード

現行フリード

今回はあくまでもマイナーチェンジなので全体としてはデザイン的には大きな違いはありませんが、フロントグリルとフロントバンパーなど一部デザインを改良しています。

フロントグリルはメッシュデザインに変更、フロントバンパーはワイド感を強調したデザインに変更され、これまでよりも存在感とスポーティーな雰囲気が強くなりました。

新型フィットも似たようなデザインになる?

2019年中には発売されるとみられているホンダの人気車種「フィット」もフリードと同じプラットフォームを採用していることから、これから発売が予定されている新型フィットのデザインも今回のフリードにかなり近いものになると予想されています。

新型N-WGNと旧モデルでインテリアは大幅変更なし?

モカ・ブラック・ベージュの3色でファブリックシートとコンビシートがグレードによって細かく分かれていましたが、新型フリードではファブリックシートのモカとコンビシートのブラックの2種類のみに変更となりました。

ちなみにCROSSSTARは専用インテリアとなっており、コンビシートのブラック1種類のみとなります。

新型フリード モカ(ファブリックシート)の内装

新型フリード CROSSTAR ブラック(コンビシート)の内装

現行フリード ブラック(コンビシート)の内装

新型フリードと旧モデルのボディーカラーの違いは?

新型フリードは全タイプ共通のボディーカラー7色とFREED/FREED+専用ボディーカラー2色の計9色をラインナップ。

現行モデルはコバルトブルー、シトロンドロップなどヨーロッパ色の強いカラーラインナップでしたが、新型フリードはブラック・メタリック・ホワイトなど比較的シックなボディーカラーが中心になっています。

新型フリードは進化したHonda SENSINGが全グレード標準装備!

ホンダの先進安全運転システム「Honda SENSING」。

旧フリードはHonda SENSINGが搭載されているグレードと搭載されていないグレードが存在しましたが、新型フリードでは全グレードで標準装備。

また、誤ってバックしたときに障害物を検知してアラートやブレーキ制御により衝突を予防してくれる後方誤発信抑制機能を新たに搭載。

これまで以上に安全性能は大幅に向上しています。

新型フリードに搭載されているホンダセンシングの機能一覧

  • 【新機能】後方誤発進抑制機能
  • 衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • 路外逸脱抑制機能
  • 渋滞追従機能付ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉
  • LKAS〈車線維持支援システム〉

新型フリードの評判は?

SNSでの新型フリードの評判をリサーチしたところ、デザイン性を高く評価している方が多く見受けられました。

【まとめ】新型フリードはおすすめ!

新型フリードの新旧モデルを比較した結果をまとめました。

  • 新モデル「CROSSTAR(クロスター)」がラインナップ
  • エクステリアはフロントマスクのデザインが変更
  • インテリアデザインに大きな変更はないが、インテリアカラーからベージュが廃止
  • 新型フリードははHonda SENSINGが全グレードに標準装備
  • ボディーカラーはシックなラインナップに変更
  • SNSでの評判はおおむね高評価

今回のマイナーチェンジはデザイン面・性能面ともに向上していますので、ホンダフリードの購入を検討しているなら、間違いなく新型を購入することをオススメです。

リセールバリュー面でも現行モデルよりもメリットは大きいのも魅力です。

もしも本気で購入を検討しているなら、ライバル車となるトヨタ シエンタと比較して交渉を進めることで最大限の値引きを引き出せる可能性が高くなるでしょう。

また、ディーラーは下取り価格と値引き額を調整することができますので、新型フリードの交渉前に”ディーラー以外”で今乗っている自動車の価格を確認しておくことも重要です。

まずは車買取専門店に見積もりをもらってから新車購入の交渉に臨みましょう!

知ってますか?車は値引きより今乗っている車を高く売る方が簡単です

車を買うときに値引き額に目が行きがちですが、下取り額も気にしていますか?

車を購入したお店にそのまま下取りに出すと、購入する車の値引き額と下取り額で金額調整することができますので損してしまいます。

管理人も愛車だったヴィッツをディーラーに下取りした後に、あと30万円高く売れることに気がつき後悔しました

車を高く売るためには、複数の業者から見積もりを集めて買取価格を比較することが一番大切です。

申し込みも簡単で3分で終わりますよ。

>愛車はいくら?一括見積もりのお申し込みはこちら<

\無料でかんたん一括査定/

スポンサーリンク