【総額20万円】eKクロスの後悔しないおすすめオプションはコレ!

三菱車の徹底評価

三菱 eKシリーズに新たにラインナップされたeKクロス。これまでの軽自動車とは一線を画すデザインで人気を集めています。

そんなeKクロスを購入するときに一番悩むのがオプション構成です。

オプションを選ぶのは自動車を新車で買うときの一つの楽しみですが、いざ選ぶとなると、どのオプションも魅力的に見えてしまい、あれもこれもと選ぶとあっという間に予算オーバーしていしまいます。

オプションにはディーラーで購入・装備できるディーラーオプションと、新車購入時しか購入・装備できないメーカーオプションがありますので、納車されてからメーカーオプションを取り付けたくなっても後の祭りです。

オプションを選ぶコツは、絶対必要なオプションと人気オプションを選択することです。

この記事では、eKクロスを購入する際に必要なオプション、取り付けておいた方がよい人気オプションについてご紹介します。

三菱 eKクロスを安く買う方法!

自動車を購入する際、値引き交渉はセールスマンと駆け引きが必要で大変ですが、手っ取り早く三菱 eKクロスを安く購入する方法があります。

それは今乗っている車を下取りしないことです。

車を購入するお店に下取りしてもらうと、下取り額と値引き額を自由に調整できてしまうため、下取り額を安く設定して値引き額を大きく見せることもできてしまいます。

しかし、購入するお店とは別のお店に車を売ることで、購入するお店とは純粋に値引き額だけの交渉が可能になります。

そこでおすすめなのが車買取専門店です。

その名のとおり車の買取に特化しているので、下取りよりも高く買い取ってもらえます。

車買取専門店によっては数十万円の差がありますので、一括査定で複数業者から見積もりをとるようにしましょう。

\無料でかんたん一括査定/

参考記事:
【最新版】車を高く売りたいならネットで不評の一括査定がやっぱりおすすめ!

絶対選んでおきたいオプション装備

eKクロスを購入する際に必ず選んでおいた方がよいオプション装備を厳選しました!

フロアマットはスタンダードで十分

eKクロスはフロアマットは別売りなので、車内をきれいに保つには必ず購入する必要があります。

eKクロスでは

  • ロゴ入りの高級感のあるプレミアムフロアマット
  • ベーシックなデザインのスタンダードフロアマット
  • ゴム素材で水気や汚れに強いオールウェザーマット

の3種類がラインナップされています。

価格はそれぞれプレミアムフロアマットは21,405円、スタンダードフロアマットは18,705円、オールウェザーマットは19,785円となりますが、正直プレミアムフロアマットとスタンダードフロアマットは見た目・機能性ともにそれほど違いはありませんので、安いスタンダードフロアマットで十分です。

ラゲッジマットは必要?

ラゲッジルームには汚れたものや荷物などを積み込むことが多く、汚れや傷・ダメージが発生しやすいスペースです。

フロアマットにはラゲッジマットは含まれていないので別途購入する必要がありますが、5,832円と比較的安いので購入するようにしましょう。

ナビは純正と社外どっちを選ぶべき?

eKクロスには、純正ナビとして7インチ~9インチのオリジナルナビ4モデルが用意されていますが、132,062~232,416円と高額な価格設定となっています。

トヨタ車のT-Connectのような機能もないので、純正ナビにこだわる必要性はありませんので、安くて高機能なカーナビを選びたいならカロッツェリア 楽ナビなどがおすすめです。

ただし、マルチアラウンドビューなどのシフトに連動した機能については使用できなかったり制限されることがありますので、あらかじめディーラーの営業に相談してみるとよいでしょう。

また、商談次第ですが純正ナビも大体20%くらいは割引してもらえますので、純正ナビを選ぶ場合はしっかりと値引き交渉を行いましょう。

選んでおきたい人気おすすめオプション装備

マストではありませんが、できれば装着しておきたいおすすめオプション装備をピックアップしました。

高速道路を走行するなら「MI-PILOT(マイパイロット)」はおすすめ

eKクロスは日産と共同開発された車種で、日産の強みである先進技術をふんだんに取り入れられています。

なかでもは軽自動車としては初めて採用された自動運転技術「MI-PILOT(マイパイロット)」はeKクロスの目玉の一つとなっています。

「MI-PILOT(マイパイロット)」は高速道路での同一車線運転を支援する技術で、前を走る自動車との距離をキープする「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」と、白線を検知して車線中央を走るサポートしてくれる「車線維持支援機能(LKA)」により高速道路走行時にドライバーにかかる負担を軽減してくれます。

また、渋滞時は先行車との距離を保ってスピードを自動制御し、先行車に続いて停止した場合も先行車が走り出すと追従走行を継続してくれる機能や、あらかじめ設定した車速(30~100km/h)で巡回走行する機能により先行車の加減速に合わせて車速を自動調整し、一定の車間距離をキープしながら車線内を走行するようにステアリング操作もアシストしてくれます。

eKクロスでは「先進快適パッケージ」をグレード「G」と「T」でオプションとして用意しており、MI-PILOT・電動パーキングブレーキ・MI-PILOT用ステアリングスイッチがセットになっています。

価格は70,200円と少し高いですが、ドライブ時の快適性も抜群ですし、万が一手放すときには査定額アップにもなりますので、予算が許すのであればぜひ選択してほしいオプションです。

先進安全パッケージは必要?

eKクロスにはデジタルルームミラー(マルチアラウンドモニター表示機能付)・マルチアラウンドモニター(移動物検知機能付)がセットになった「先進安全パッケージ」がオプションとして用意されています。

デジタルルームミラーは車両後方にあるカメラの映像をルームミラーに映し出すシステムで、軽自動車として初めて採用されたシステムで、乗員やラゲッジルームの荷物で後方が見えにくい場合や夜間/悪天候時など、リヤカメラの映像に切り替えることで後方視界を確保することができます。

また、自動車を真上から俯瞰的に映し出すマルチアラウンドモニターにより、狭い駐車場での駐車などをサポートしてくれます。

「先進安全パッケージ」はとても便利なシステムですが、91,800円と価格も高く、ある程度運転に自信があれば不要と感じる方も多いのが事実なので、運転が苦手な場合は装備をオススメします。

オプション総額は約20万円が目安!

eKクロスの必須オプション、おすすめオプションをすべて装備した場合の費用を計算してみたところ、約20万円という結果になりました。

オプション 税抜価格
カーナビ 約100,000円
スタンダードフロアマット 18,705円
フロアマット 5,832円
先進快適パッケージ 70,200円
合計 194,737円

新車で購入する場合はオプションからも値引きしてもらえるので、しっかりと値引きを勝ち取って少しでも安くて満足のできるeKクロスをゲットしてくださいね!

知ってますか?車は値引きより今乗っている車を高く売る方が簡単です

車を買うときに値引き額に目が行きがちですが、下取り額も気にしていますか?

車を購入したお店にそのまま下取りに出すと、購入する車の値引き額と下取り額で金額調整することができますので損してしまいます。

管理人も愛車だったヴィッツをディーラーに下取りした後に、あと30万円高く売れることに気がつき後悔しました

車を高く売るためには、複数の業者から見積もりを集めて買取価格を比較することが一番大切です。

申し込みも簡単で3分で終わりますよ。

>愛車はいくら?一括見積もりのお申し込みはこちら<

\無料でかんたん一括査定/

スポンサーリンク

車検代を2~3万円節約する方法教えます!
詳細はこちら
車検代を2~3万円節約する方法教えます!
詳細はこちら