中古車を購入する前に必ず押さえておきたい、損をしないオススメのローンの選び方

中古車を購入するとき、ニコニコ現金一括払いができればよいのですが、多くはローンによる分割払いをすると思いますが、だいたいは車を買うディーラーや中古車販売店が勧めるカーローンをそのまま組んでいると思います。

しかし、せっかく交渉して値引きしてしてもらったとしても、ローンの組み方によっては数十万円単位で損をしてしまうこともあります

スポンサーリンク

ローンの種類

車を購入する場合のローンは以下の3種類になります。

  • ディーラーローン
  • 信販系クレジットローン
  • 銀行系マイカーローン

ディーラーローンは手続きは簡単だが金利は高め

ディーラーローンは、トヨタやホンダといったディーラーで車を購入するときに主に使用するローンです。

ディーラーローンの審査は比較的緩いと言われていますが、その分金利は4%〜8%と高めに設定されています。

ディーラーローンはディーラーが信販会社と提携して提供しているため、手続きも簡単で一番手間がかからないローンです。

中古車購入で一番多いのは信販系クレジットローン

新車を購入する場合はディーラーローンや銀行系マイカーローンを使うことが多いとおもいますが、中古車販売店で中古車を購入するときに主に使用するのが信販系クレジットローンです。

ディーラーローンと同様に審査は比較的緩いものの、何らかの理由で支払いができなくなるなど万が一に備えて保証会社が入っており、その分金利が4%〜10%と高く設定されています。

金利が低い一番おすすめの銀行系マイカーローン

銀行系マイカーローンは審査が厳しいことで有名です。

しかし、金利が2.0%〜4.5%とディーラーローンや信販系クレジットローンに比べると金利はかなり安くなっています。

銀行のマイカーローンは手続きにあたり自分で必要書類を集めたり、手続きを進めたりが必要になるものの、審査が通れば間違いなく金利を一番安く抑えることができます。

金利の違いで支払い額はどのくらい違うのか?

たった数%の違いでそんなに支払い額に違いがでるの?と考える方もいると思います。

200万円の車を5年60回払いで支払ったとした場合、どのくらい支払いに差額があるか見てみましょう。

ディーラーローンの場合(6%として計算)

  • 利息支払額:319,936円
  • 合計支払額:2,319,936円

信販系クレジットローンの場合(8%として計算)

  • 利息支払額:433,167円
  • 合計支払額:2,433,167円

銀行系マイカーローンの場合(3%として計算)

  • 利息支払額:156,243円
  • 合計支払額:2,156,243円

一番差額の大きい信販系クレジットローンと銀行系マイカーローンで比較すると約28万円も支払い額に差がでます

これではどれだけ値切ったり、オプションを増やしてもらったとしても、ローンの選び方ひとつでせっかくの浮いた分のお金が消えてしまいます。

審査が通るなら少し手間はかかりますが銀行系マイカーローンが断然おすすめです。

また、最近ではネットから仮審査申し込みも簡単にできるので、まずは申し込んでみることをおすすめします。

知ってますか?車は値引きより今乗っている車を高く売る方が簡単です

車を買うときに値引き額に目が行きがちですが、下取り額も気にしていますか?

車を購入したお店にそのまま下取りに出すと、購入する車の値引き額と下取り額で金額調整することができますので損してしまいます。

管理人も愛車だったヴィッツをディーラーに下取りした後に、あと30万円高く売れることに気がつき後悔しました

車を高く売るためには、複数の業者から見積もりを集めて買取価格を比較することが一番大切です。

申し込みも簡単で3分で終わりますよ。

>愛車はいくら?一括見積もりのお申し込みはこちら<

\無料でかんたん一括査定/

スポンサーリンク