簡単!車の諸経費まるわかり!

車を購入するときは見積もりを作ってもらうことが多いと思いますが、その中でも「諸経費」欄はなんか難しそうで「よく分からないけど、いろいろお金かかるなー」くらいに見ている方も多いと思います。

しかし、実はそれほど難しいことはなくむしろ正しく理解していればお得な車選びにも役に立てることができます。

それでは一つずつ見ていきましょう。

スポンサーリンク

自動車税

軽自動車を中古で買うなら4月2日以降がお得

自動車税は排気量によって税額が決まる、毎年支払う必要のある税金で排気量が大きい車ほど税額は高くなります。

基本的には4月1日時点での車の所有者に対して課税され1年分をまとめて支払う義務があります。

普通乗用車を中古車を購入した場合は登録月の翌月から年度末の3月分までを月割りで支払います。

そのため、登録月が3月の場合はその年度分の自動車税を支払う必要がないため少しお得です。

また、軽自動車の場合は月割りがないため、中古車を4月2日以降に購入した場合は自動車税を支払う必要がありません

自動車重量税

中古車は車検付きがお得

自動車重量税は、車の重さに応じて税率が決まる税金で、通称重量税と呼ばれます。

重量税は車検時に支払う税金で、車検の有効期間分の税金をまとめて支払います。そのため、車検付きの中古車を購入した場合は購入時には支払う必要はありません

自賠責保険料

車検が残っていても支払いが必要なので注意

自賠責保険料は強制的に加入が必要な保険で、重量税と同様車検時に支払う必要があります。

しかし、自動車税と違い、自賠責保険料は車検がまだ残っている中古車を購入する場合でも次回車検時までの金額を支払う必要があります

自動車取得税

新車は満額、中古車なら経過年数に応じた税額

自動車取得税は車を取得(購入)することに対する都道府県税です。

新車の場合は車両本体価格+オプションの9割が税率となりますが、中古車の場合は経過年数に応じて掛け率が変わります。

また、取得時価格が50万円以下の場合は非課税となるため、少しでも安く中古車を買いたい場合は50万円以下でクルマを探すのも良いかもしれません。

リサイクル料金

廃車時に必要な費用

リサイクル料金とは車を廃車にするときに必要な料金です。

新車購入の場合はリサイクル料金を支払う必要がありますが、中古車の場合は前のオーナーが支払っている場合があります。

リサイクル料金は車種によって異なりますので、購入する中古車がリサイクル料金を預託済みであるかどうかは確認するようにしましょう。

まとめ

新車で車を購入する際はあまり関係ありませんが、中古車を購入する場合は買うタイミングや車体価格によって諸経費を抑えることができます。

車ユーザーであれば覚えておいて損しない知識ですので、車選びの際にはぜひ参考にしてくださいね。

知ってますか?車は値引きより今乗っている車を高く売る方が簡単です

車を買うときに値引き額に目が行きがちですが、下取り額も気にしていますか?

車を購入したお店にそのまま下取りに出すと、購入する車の値引き額と下取り額で金額調整することができますので損してしまいます。

管理人も愛車だったヴィッツをディーラーに下取りした後に、あと30万円高く売れることに気がつき後悔しました

車を高く売るためには、複数の業者から見積もりを集めて買取価格を比較することが一番大切です。

申し込みも簡単で3分で終わりますよ。

>愛車はいくら?一括見積もりのお申し込みはこちら<

\無料でかんたん一括査定/

スポンサーリンク

車検代を2~3万円節約する方法教えます!
詳細はこちら
車検代を2~3万円節約する方法教えます!
詳細はこちら