マイナス査定の要因!車に貼ってるステッカーやシールは売る前に剥がすべき!

車を高く売る方法

ステッカーやデカール・シールを自動車に貼っている方も多いと思いますが、アウトドア系ブランドなどのステッカーを少し貼っている方から、自動車全体に萌え系キャラクターのデカール、いわゆる痛車と呼ばれるものまで様々です。

せっかくカッコよくカスタムするために貼ったシールやステッカーですが、車を売る場合はマイナス査定の要因となることもあります。

この記事では、ステッカーやシールが査定に及ぼす影響や、ステッカーやシールを簡単に剥がす方法について詳しくご紹介しています。

スポンサーリンク

大半の買取業者ではマイナス査定になる

正直なところ、シールやステッカーによる査定への影響は買取店の裁量次第というところが大きいため、必ずマイナス査定になるとも言い切れませんが、カーチスなど一部の買取会社ではホームページでシールを剥がした方がよいと明記されていますので、少しでも高く売るためにはシールやステッカーは剝がしておきましょう。

カーチス公式サイトより

また、以下のようなシールやステッカーの貼り方をしている場合は大幅なマイナス査定になる可能性が高くなります。

  • 車の大部分、もしくは全体にデコレーションしているステッカー(デカール)やシール
  • 小さいステッカーやシールを大量に貼っている
  • ステッカーやシールで傷を隠している

それではひとつずつ見ていきましょう。

車の大部分、もしくは全体にデコレーションしているステッカー(デカール)やシール

これは冒頭にも述べた萌え系の大きいステッカー(デカール)を貼っている痛車や、車が好きな仲間で集まって作ったチームやグループのロゴマーク入りのステッカー、もっと一般的なものであれば社名が大きく入っている営業車などの場合です。

このような自動車は、買取してもそのまま中古車として売ることができないため、買取会社側でシールを剥がす作業が必要となることからマイナス査定になります。

小さいステッカーやシールを大量に貼っている

1〜2枚程度の小さいステッカーであれば査定額にはあまり影響しないと言われますが、ボディーやリアガラスなどにブランド・アウトドアメーカー、アーティストなどのステッカーを大量に貼っている場合は中古車として販売しても売れにくいため、マイナス査定になる可能性が高くなります。

ステッカーやシールで傷を隠している

これはステッカーやシールが問題ではなく傷のほうが問題となりますが、査定士が気が付かなければそのままマイナス査定がなく買い取ってもらえる可能性もあります。

しかし、買取会社でシールを剥がしたときに傷が見つかると、査定額を高くするための悪質な行為とみなされ、あとあと揉めごとに発展する可能性がありますので、正直に傷があることを伝えるようにしましょう。

ディーラーでは買い取ってもらえないこともある

シールやステッカーについては自動車買取会社よりもディーラーの方がシビアに査定額に反映されます。

また、少しのステッカーやシールであれば問題はありませんが、大きいシールや大量にシールを貼っている場合はディーラーでは買取すらしてくれないことも多いようで、ディーラーで下取りしてもらう場合は事前に確認のうえ、買取できないと言われたらステッカーやシールは剥がしておきましょう。

簡単にステッカーやシールを剥がす方法をご紹介!

ホームセンターや100円ショップなどでシール剥がし用の溶剤が販売されています。

しかし、ガラスに貼っているシールやステッカーを剥がす場合は使用しても良いと思いますが、車のボディーで使用すると塗装を傷めることがありますのであまりオススメしません。

車のボディーのステッカーやシールを剥がす場合はドライヤーを使用して剥がす方法をオススメします。

準備するもの

  • ドライヤー

これだけでOKです。

手順

  1. ドライヤーでしっかりステッカーやシール全体を温めます。
  2. 十分に温まったら、ステッカーの端を爪で少しめくります。
  3. めくったところからさらに熱を加えると接着面の粘着力が弱まってきますので、ゆっくり剥がしていきます。

この手順で剥がせばシールを剥がしたあとのベタつきもだいぶ抑えられますが、どうしてもベタつきが残ってしまった場合は、ベタつきがとれるまで洗車用シャンプーや中性洗剤などでしっかり洗いましょう。

ボディーに日焼け跡が残ってしまうことも

せっかくボディーのシールを剥がしても、シールの形で日焼けが残ってしまうことがあります。

特にボディーカラーが白やパールホワイト、シルバーの車は貼ってから時間が経っているシールを剥がす場合は、本当に剥がすべきか一度考えてから手をつけた方がよいでしょう。

知ってますか?車は値引きより今乗っている車を高く売る方が簡単です

車を買うときに値引き額に目が行きがちですが、下取り額も気にしていますか?

車を購入したお店にそのまま下取りに出すと、購入する車の値引き額と下取り額で金額調整することができますので損してしまいます。

管理人も愛車だったヴィッツをディーラーに下取りした後に、あと30万円高く売れることに気がつき後悔しました

車を高く売るためには、複数の業者から見積もりを集めて買取価格を比較することが一番大切です。

申し込みも簡単で3分で終わりますよ。

>愛車はいくら?一括見積もりのお申し込みはこちら<

\無料でかんたん一括査定/

スポンサーリンク

車検代を2~3万円節約する方法教えます!
詳細はこちら
車検代を2~3万円節約する方法教えます!
詳細はこちら