車買取で純正オプションや社外パーツはプラス査定される?

車の楽しみの一つとしてカスタマイズやドレスアップがあります。

アルファードやエルグランド、ヴォクシーなどのミニバンが車高を下げて大径ホイールを装着したり、マフラーを交換している車もよく見かけますよね。

ドレスアップは純正オプションと呼ばれるメーカーオプションやディーラーオプション、メーカー以外が提供している社外オプション(社外パーツ)で構成されます。

では、車を売る時にこれらのオプションはプラス査定の材料になるのでしょうか?

実はプラス査定に働く場合もありますが、逆にマイナス査定になる可能性もあるので注意が必要なのです。

スポンサーリンク

オプションの種類

オプションには以下の3つの種類があります。

メーカーオプション

メーカーの工場で車両を製造する際に装備するオプションです。メーカーオプションとしてはサイドエアバッグやシート、最近では車種専用モデルのカーナビなどもありますが、製造工程で取り付けを行いますので新車で購入するときしか装着できないオプションです。

ディーラーオプション

車の販売店であるディーラーが取り付けするオプションです。

フロアマットやステアリング、シートカバーなど比較的取り付けが用意なものが多いですが、ヴェルファイアなどではエアロやマフラーといったディーラーオプションも用意されており、新車購入時でなくても注文して取り付けることができます。

社外オプション(社外パーツ)

車のメーカーではなく、エアロやマフラーなどを専門で製造・販売しているメーカーのパーツを社外オプション(社外パーツ)と呼びます。

社外パーツはイエローハットやオートバックスといったカー用品店で購入・取り付けしてもらうことが可能です。

なお、メーカーオプションとディーラーオプションはまとめて純正オプションとも呼ばれます。

純正オプションはプラス査定になる

メーカーの純正オプションはプラス査定にならない場合もありますが、基本的にマイナス査定になることはありません

特にメーカーオプションについては後で取り付けすることができないので、人気のあるオプションの場合は大きくプラスになる場合があります。

社外オプション(社外パーツ)はマイナス査定になりやすい

ドレスアップ効果の高い社外パーツですが、車種や車を買い取ってもらうお店によってはマイナス査定になる場合が多いです。

社外オプション(社外パーツ)に交換した場合は必ず純正パーツを大切に保管しておき、査定の際に一緒に用意しておきましょう。

しかし、買取専門店で買取してもらう場合は必ずしも社外オプション(社外パーツ)がマイナス査定になるとは限りません

例えば、クロスカントリー車で人気のスズキ ジムニーは車高をあげて大径タイヤを装着したモデルがとても人気で、中古車市場でも高値で取引されています。

車の査定額はディーラーなのか買取店なのかで数十万円違う場合もありますので、はじめから一社で決めるのではなく、複数の業者から見積もりをもらうことをお勧めします。

プラス査定になる可能性がある社外パーツ

マイナス査定になりやすい社外パーツですが、人気のあるブランドのアルミホイールや新しいモデルのカーナビやカーオーディオはプラス査定になることがありますので、査定士へアピールするのもよいと思います。

少し手間がかかるが社外パーツを高値で売る方法

アルミホイールやカーナビなどは、人気があるモデルであればヤフオクなどで売るのが正直一番高く売れます。

パーツを取り外したりオークションへの出品や発送など手間がかかりますが、少しでも現金化したい場合はおすすめです。

参考記事:車査定で社外パーツはマイナス査定!取り外してヤフオクで売るのがオススメ!

まとめ

純正オプションの場合はプラス査定に働きやすく、社外オプション(社外パーツ)はマイナス査定になるものが多いです。

しかし、車の査定額は買取を行うお店によって異なりますので、複数のお店から見積もりを取得し比較したうえで売却するようにしましょう。

知ってますか?車は値引きより今乗っている車を高く売る方が簡単です

車を買うときに値引き額に目が行きがちですが、下取り額も気にしていますか?

車を購入したお店にそのまま下取りに出すと、購入する車の値引き額と下取り額で金額調整することができますので損してしまいます。

管理人も愛車だったヴィッツをディーラーに下取りした後に、あと30万円高く売れることに気がつき後悔しました

車を高く売るためには、複数の業者から見積もりを集めて買取価格を比較することが一番大切です。

申し込みも簡単で3分で終わりますよ。

>愛車はいくら?一括見積もりのお申し込みはこちら<

\無料でかんたん一括査定/

スポンサーリンク

車検代を2~3万円節約する方法教えます!
詳細はこちら
車検代を2~3万円節約する方法教えます!
詳細はこちら