社外品の方が査定額アップ?カーナビによる車買取額への影響

車を高く売る方法

車を売るときに多くの方が気になるのがカーナビやオーディオが査定額に影響するのかどうかです。

新しい車の多くはダッシュボードに埋め込まれるインダッシュでカーナビを取り付けることを前提としてデザインされていることも多くなっています。

しかし、車によってはカーナビの年式が違ったり、カーナビではなくカーオーディオが取り付けられている、そもそもカーナビもカーオーディオも付いていないということもありますよね。

さらに近年ではカーナビの代わりにスマートフォンやタブレットを使っている方も増えています。

それでは、カーナビやカーオーディオが査定額にどのように影響するのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

新しいカーナビならプラス査定になる場合がある

ひと昔前まではカーナビが付いているだけでプラス査定になっていましたが、現在カーナビは標準装備されていることも多くなり、査定にはあまり影響しなくなっています。

特にメーカー標準のカーナビの場合はほぼプラス査定になることはありませんが、プラス査定にならないからといってカーナビを取り外してしまうとマイナス査定になるので注意しましょう。

しかし、カーナビがプラス査定になる場合があります。それは新しいモデルの社外カーナビが取り付けられている場合です。

パナソニックのストラーダ、カロッツェリアのサイバーナビなど人気のある上位モデルのカーナビは査定額をアップしてもらえることがありますが、一般的には3年くらい経過すると評価されなくなると言われています。

カーオーディオはほぼプラス査定にはならない

カーナビが主流になっている現在、カーオーディオで査定額がプラスになることはほとんどありません。

高額なカーオーディオシステム取り付けている場合は、ヤフオクやメルカリなどのインターネットオークションなどで相場を確認し、取り外して別に売った方が得かどうか確認しておきましょう。

カーナビやカーオーディオが付いていない場合はマイナス査定になるので注意

カーナビやカーオーディオを別に売るために取り外した場合、買取業者によっては車本体の査定額はマイナス査定になります。

トータルでどちらがより高額になるか確認してから判断しましょう。

まとめ

  • メーカー純正のカーナビがプラス査定になることはほぼない
  • 人気モデルの新しいカーナビはプラス査定になることがある
  • カーオーディオはプラス査定はほぼない

知ってますか?車は値引きより今乗っている車を高く売る方が簡単です

車を買うときに値引き額に目が行きがちですが、下取り額も気にしていますか?

車を購入したお店にそのまま下取りに出すと、購入する車の値引き額と下取り額で金額調整することができますので損してしまいます。

管理人も愛車だったヴィッツをディーラーに下取りした後に、あと30万円高く売れることに気がつき後悔しました

車を高く売るためには、複数の業者から見積もりを集めて買取価格を比較することが一番大切です。

申し込みも簡単で3分で終わりますよ。

>愛車はいくら?一括見積もりのお申し込みはこちら<

\無料でかんたん一括査定/

スポンサーリンク

車検代を2~3万円節約する方法教えます!
詳細はこちら
車検代を2~3万円節約する方法教えます!
詳細はこちら