車体の色で査定額は変わる!高値買取のボディカラーは?

 

車を購入するときにボディーカラーはどのように決めていますか?多くの人は自分の好きな色や人気のある色を選んでいると思います。

実は車を売却する場合、ボディーカラーによって査定額に数十万円以上差がでることがあることをご存知でしょうか?

 

高額査定してもらいやすいボディーカラーは黒と白

クルマを売る際に高く売れるカラーは黒(ブラック)と白(ホワイト)です。これはほぼどの車種でも鉄板です。

最近発売されている車種は、レッド、オレンジ、グリーン、ブルーなど各社様々なカラーリングのモデルを発売していますが、黒と白は流行に左右されない定番色で多くのユーザーに受け入れられる色なので、中古車販売店側でも売りやすいため査定額アップになります。

注意点としては、同じ車両でもただの白(ホワイト)とパールホワイトの2種類を販売していることがあります。パールホワイトはオプション設定の場合が多く、ただの白(ホワイト)に比べて人気が高いのでプラス査定になりやすいです。

 

テレビCMやカタログで使われている色の場合は高額査定してもらえるのか

車が新車で発売されるとテレビCMやポスター、カタログなどさまざまなメディアで広告をよく目にしますよね。
発売直後はテレビCMなどでメインで使用しているボディーカラーがやはり一番売れます。

しかし、テレビCMなどで使用しているボディーカラーは当時の流行色やインパクトのある派手目の色を使うことが多く、中古車として売却するころには流行がすぎてしまい、査定額アップにならないことが多いです。

 

黒いボディーカラーで気を付けたいこと

黒いボディーカラーの車は査定額アップを見込めますが、デメリットとしては黒は傷が目立ちやすくマイナス査定されることもありますので注意が必要です。
もちろん傷には気を付けて乗ることは必要ですが、査定前にはできるだけワックス等で傷が目立たないようにして査定に臨むことをお勧めします。

 

まとめ

  • 車はボディーカラーにより査定額に数十万円の差が出ることも
  • 黒と白(パールホワイト)が鉄板カラー
  • 流行色や派手な色は査定額アップになりにくい

車を購入するときはもちろん自分で納得できる好きな色を選ぶことが大切ですが、リセールバリューも意識して選んでおいて損はないかなと思います。

また、中古車を購入する際は逆転の発想で考えて、不人気車を選ぶことも一つの選択肢としてはありだと思います。

[get_kaitori_footer_01]