エアコンが壊れている場合の査定額への影響は?修理したほうがよい?

車を査定してもらう場合、もちろんエアコンが正常に動作するかもチェックされます。

ではエアコンの調子が悪い、故障している場合はどのくらい査定額に影響があるのでしょうか?

スポンサーリンク

エアコンが効かない、故障の原因は?

車のエアコンは故障が多い箇所ですが、冷房が効かないのか、暖房が効かないのかによって原因も異なります。

冷房が効かない原因

エアコンガスの漏れ、不足

冷房が効かない一番多い原因としてはエアコンガスが漏れ、不足です。エアコンガスは補充できますが、ガス漏れを起こしている場合、修理費用は高額になります。

コンプレッサーの故障

コンプレッサーはエンジンに取りつけられており、ファンベルトにより動作します。エアコンを作動した際に「カチッ」と音がなりますが、これはコンプレッサーのマグネットスイッチの音で、正常にコンプレッサーが動いている目安になります。
エアコンガスが十分にもかかわらずエアコンが冷えない場合はコンプレッサーの故障が考えられますが、修理費用はかなり高額になります。

温度センサーの故障

オートエアンコンの場合、温度センサーの故障により冷暖房が効かなくなることがあります。

暖房が効かない原因

サーモスタットの故障

サーモスタットが故障すると異常に熱い風がでたり、逆に冷たいままの風がでることがありますが、暖房のトラブルで多いのがこのサーモスタットの故障になります。

冷却水の漏れなど

暖房はエンジンを冷やす際の冷却水の熱を利用して暖かい風を送風しますので、冷却水の漏れなどで冷却水が減っている場合は暖房の効きが悪くなります。
また、冷却水が減っている状態でエアコンを使い続けると故障の原因にもなるので注意が必要です。

エアコンが故障している場合はマイナス査定になる

エアコンの不調や故障はマイナス査定になりますが、修理しないで査定してもらうことをオススメします。

なぜなら、エアコンの修理費用は高く修理内容によっては5万円以上かかる場合もあります。修理に5万円かけてもプラス査定になることはなく、修理にかかったコストを回収できない可能性が高いです。

まとめ

  • エアコンに関わる修理費用は高額になるためそのまま査定してもらうことをオススメします

知ってますか?車は値引きより今乗っている車を高く売る方が簡単です

車を買うときに値引き額に目が行きがちですが、下取り額も気にしていますか?

車を購入したお店にそのまま下取りに出すと、購入する車の値引き額と下取り額で金額調整することができますので損してしまいます。

管理人も愛車だったヴィッツをディーラーに下取りした後に、あと30万円高く売れることに気がつき後悔しました

車を高く売るためには、複数の業者から見積もりを集めて買取価格を比較することが一番大切です。

申し込みも簡単で3分で終わりますよ。

>愛車はいくら?一括見積もりのお申し込みはこちら<

\無料でかんたん一括査定/

スポンサーリンク