10年落ちの車の査定額は?年式が古くても高値買取が期待できる車種とは

車を買い替えるタイミングとして、車検を目安にしている方も多いのではないでしょうか?

私も新車購入した場合、2回目の車検のタイミングとなる5年目に買い替えるようにしています。

では、新車登録から5年、10年と経過した車は高く買い取りしてもらえないのでしょうか?

査定では年式ももちろん査定額を決定する判断材料になっているため、年式が新しいに越したことはありません。

しかし、車は新車で直後に売ったとしても、購入価格と同じ値段で売れるわけではなく、新車で購入してから1~2年で売却すると大損するため、売却のベストなタイミングは3年目以降とよく言われます。

スポンサーリンク

オススメは新車登録から9年以内に売却

車を売るタイミングは、それぞれのライフスタイルや家庭状況など様々な要因で決まると思います。

そのため、いつ売るべきかという判断は難しいのですが、目安としては遅くとも新車登録から9年以内に売ることをオススメします。

理由としては、査定時の評価と税金になります。

新車で車を購入すると車検は3年目、5年目、7年目、9年目、11年目となります。

ディーラー、買取業者ともに10年落ちを一つの目安としてとらえているため、査定額を減らすための口実にもよく使われます。

査定の交渉時に不利な条件を少しでも減らすという意味でも9年目の車検前に売却することをオススメします。

また、地球環境保護を目的として、ガソリン車は新車登録から13年経過、ディーゼル車は新車登録から10年経過すると自動車税が割り増しになり、15%も重課されます。

例えば排気量が3リッターの場合は標準税額が58,000円に対して66,700円と8,700円も多く毎年納税する必要があります。

それだけではなく、平成28年4月以降の車検から、新車登録から13年経過すると重量税も重課されます。

年間数万円の維持費が増えることを考えると早く車を買い替えた方がお得ですよね。

5年落ちでも10年落ちでも需要の多い車は高額査定

車は年数が経つと需要が少なくなるため価値が下がり、査定額も低くなっていきます。

しかし、古い車でも人気が高く需要の多い車種の場合はこれに当てはまらず高額査定が期待できます。

古くても高値買取が期待できる車種(一例)

  • トヨタ ハイエース
  • トヨタ クラウン
  • トヨタ アルファード
  • トヨタ ヴェルファイア
  • トヨタ ランドクルーザー
  • 日産 スカイライン GT-R
  • ホンダ NSX

高級車やスポーツカーは年式が古くても高値で買い取りしてもらえることが多いです。

理由は、高級車やスポーツカーは日本国内だけではなく海外でも非常に人気が高く、日本では10年経過するとあまり売れないとしても海外に輸出すれば高額で売れるため、買取業者は高値で買い取りできるのです。

しかし、ディーラーは国内でのみ流通していますので、車を売るためには海外への販路を持っている買取専門店で査定してもらうことをオススメします。

知ってますか?車は値引きより今乗っている車を高く売る方が簡単です

車を買うときに値引き額に目が行きがちですが、下取り額も気にしていますか?

車を購入したお店にそのまま下取りに出すと、購入する車の値引き額と下取り額で金額調整することができますので損してしまいます。

管理人も愛車だったヴィッツをディーラーに下取りした後に、あと30万円高く売れることに気がつき後悔しました

車を高く売るためには、複数の業者から見積もりを集めて買取価格を比較することが一番大切です。

申し込みも簡単で3分で終わりますよ。

>愛車はいくら?一括見積もりのお申し込みはこちら<

\無料でかんたん一括査定/

スポンサーリンク

車検代を2~3万円節約する方法教えます!
詳細はこちら
車検代を2~3万円節約する方法教えます!
詳細はこちら