値段が付かない0円はあり得ない!絶対に買取不可の車を売ってお金にする方法!

車を高く売る方法

ディーラーでの下取りや買取店で車を査定してもらうと、査定額0円のいわゆる値段が付かないことがあります。

 

この場合に多いのが

「本当は廃車手数料がかかるけど、廃車手数料はサービスするから0円で引き取りますよ!」

とセールスマンから持ちかけられるパターンです。

 

「廃車手数料を取られるくらいなら0円でいいかも。」

と思うかもしれませんがちょっと待ってください!

たとえ動かないクルマだとしても価値がないということはあり得ません。

正しく処分すれば必ずお金にすることができます。

スポンサーリンク

なぜ?値段が付かない車の条件

実は以下のようなケースに該当する場合、査定してもらっても値段が付かないうことはよくあります。

  • 年式が10年以上経過した古い車
  • 10万キロを超えているような走行距離の多い車
  • 適切にメンテナンスがされていない状態の悪い車や故障車
  • 人気がなく中古車として売れにくい車
  • 違法改造車(不正改造車)

 

それぞれのケースについて詳しく解説していきますね。

年式が10年以上経過した古い車

車は新車登録した時点から徐々に価値が下がっていき、3年・5年・7年と車検を迎えるタイミング毎にガクっと査定額が下がるのが一般的で、10年を経過したあたりから買取不可と言われることが多くなります。

この10年というのには意味があります。

10年経過した車はタイミングベルトをはじめとして色々なパーツの交換になるため、中古車として販売するまでの整備にコストがかかります。

中古車の市場価格と整備コストを加味すると、買取店の利益を出すために0円にせざるおえないという事情があるのです。

また、10年経過すると税金も高くなり、中古車としてなかなか売れにくくなり長期在庫車になるリスクもあることから買取不可となることも多いようです。

10万キロを超えているような走行距離の多い車

年式と同じく、走行距離に比例して査定額は下がり、10万キロを境に買取額がグッと下がってしまいます。

アルファード・ヴェルファイアなどの高級ミニバンなど人気車種なら10万キロを超えてもそこそこの査定額は期待できますが、一般的な乗用車や軽自動車などは10万キロを超えるとよくて数万円、中には買取不可ということも少なくありません。

10万キロ越えの車が値段が付かなくなるのは、年式が古い車と同じ理由で長距離走行による車両本体や各種パーツへのダメージの蓄積など、販売する前のメンテナンスが多いことや売れにくいことが原因です。

適切にメンテナンスがされていない状態の悪い車や故障車

査定士は適切な査定額を算出するために車のすみずみまでチェックします。

そのチェックポイントはボディ全体の汚れ・キズ・へこみ、ドア・ウィンドウ・ラジオ・カーナビなど電気系統の動作確認、エンジンの状態、各種パーツの錆や劣化状態など細かく細かく定められています。

査定士はチェックリストをもとに査定を行うので、仮に不良個所があったとしても見逃すことはまずありません

また、定期点検整備記録簿や各種オイルやエンジンの状態などを見れば適切にメンテナンスが行われてきたかどうかわかりますので、エンジンオイル交換や定期点検などのメンテナンスが行われていなかったり不良個所が発見されると買取不可と年式が新しくて走行距離が少なくても買取不可もしくは0円引き取りと判断されることもあります。

人気がなく中古車として売れにくい車

年式や走行距離・車の状態は影響しますが、人気がなく中古車として売れにくい車は0円引き取り・買取不可になりやすい傾向があります。

中古車の価格は需要と供給で決まります。

人気のない車は当然欲しい人が少ないため中古車もなかなか売れず、在庫車として売れ残ってしまうリスクがあります。

そのため、不人気車は人気車にくらべて年式や走行距離が少なくても早く値段が付かなくなる傾向があります。

違法改造車(不正改造車)

車検に通らないパーツを取り付けた違法改造車はそもそもディーラーでは買い取ってもらうことはできません

買取店であれば買い取ってもらうことはできる場合もありますが、それでもノーマル状態の買取相場よりも大幅なマイナス査定になったり、0円引き取りになることも少なくありません。

もしも純正パーツを保管しているのであれば、査定時に準備しておくとプラス査定になる場合がありますので必ず用意しておきましょう。

詳しくは以下の記事でご紹介しています。

関連記事:
違法改造車を高く売る!不正な改造車でも買取してもらう方法

ディーラーに下取り0円と言われたら一括査定を試してみてください!

これは解決策は一つしかありません。

ディーラー以外の値段をつけてくれる買取店を探すことです。

車の査定は、査定士が日本自動車査定協会が定めた査定基準に則り実施しますが、買取店によっては軽自動車の買取に力を入れている業者、高級車の買取に力を入れている業者、などさまざまな特徴があります。

ディーラーでは0円でも10万円以上で買い取ってもらえる可能性も十分あり得ます。

また、1店舗だけだとディーラーと同じように値段が付かないこともありますので、まずは一括査定を利用して複数の買取業者から見積もりを取ってみることをおすすめします。

\無料でかんたん一括査定/

もしも一括査定で値段が付かなくても売れる可能性はまだある!

ディーラーで値段が付かなくても一括査定を使えば買い取ってもらえるケースがほとんどだと思いますが、万が一、値段が付かなったとしても諦めないでください。

故障で動かない不動車でも事故車でも買取してくれる業者があります。

中でもハイシャルがおすすめ。

ハイシャルは年式の古い車や走行距離が多い車でも海外への販売ルートやパーツリサイクルなどの流通経路を持っているので、ディーラーや通常の買取業者で価格が付かないような車も買取できます。

申込も簡単、もちろん無料で査定してもらうことができますので、もしも一括査定でも値段が付かなかったらぜひ試してみてください。

\簡単20秒申込♪/

知ってますか?車は値引きより今乗っている車を高く売る方が簡単です

車を買うときに値引き額に目が行きがちですが、下取り額も気にしていますか?

車を購入したお店にそのまま下取りに出すと、購入する車の値引き額と下取り額で金額調整することができますので損してしまいます。

管理人も愛車だったヴィッツをディーラーに下取りした後に、あと30万円高く売れることに気がつき後悔しました

車を高く売るためには、複数の業者から見積もりを集めて買取価格を比較することが一番大切です。

申し込みも簡単で3分で終わりますよ。

>愛車はいくら?一括見積もりのお申し込みはこちら<

\無料でかんたん一括査定/

スポンサーリンク

車検代を2~3万円節約する方法教えます!
詳細はこちら
車検代を2~3万円節約する方法教えます!
詳細はこちら