新車・中古車を購入する方必見!2019年10月からの自動車に関わる税金の変更点を詳しく解説!

車を安く買う方法

2019年10月の増税のタイミングで自動車にかかる税金の仕組みも変わることをご存知でしたか?

主なポイントは2つ

  • 「自動車取得税」が廃止され「環境性能割」が導入
  • 自動車税の税率の引き下げ

この他にもエコカー減税の仕組みも変更されておりますので、新車購入だけでなく中古車を購入する方にとっても影響があります。

この記事では、自動車にかかる税金がどのように変わるのか詳しく解説しています。

知ってますか?車は値引きより今乗っている車を高く売る方が簡単です

車を買うときに値引き額に目が行きがちですが、下取り額も気にしていますか?

車を購入したお店にそのまま下取りに出すと、購入する車の値引き額と下取り額で金額調整することができますので損してしまいます。

管理人も愛車だったヴィッツをディーラーに下取りした後に、あと30万円高く売れることに気がつき後悔しました

車を高く売るためには、複数の業者から見積もりを集めて買取価格を比較することが一番大切です。

申し込みも簡単で3分で終わりますよ。

>愛車はいくら?一括見積もりのお申し込みはこちら<

\無料でかんたん一括査定/

2019年10月からの自動車に関わる税金の変更点

「自動車取得税」が廃止され「環境性能割」が導入

これまでは新車購入時の取得価格に対して自家用登録車(普通車)の場合は3%、軽自動車は2%課税されていた自動車取得税が廃止となります。

その代わりとして環境性能割が新税として導入され、燃費性能等に応じて非課税・1%・2%・3%の4段階で課税されます。

登録車の場合は電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車、プラグインハイブリッド車クリーンディーゼル車、軽自動車の場合は電気軽自動車及び天然ガス軽自動車が非課税対象となります。

また、2020年度燃費基準+20%達成車も非課税となり、軽自動車の場合は2020年度燃費基準+10%達成車も非課税対象となります。

なお、この環境性能割は新車・中古車問わず適用となります。

引用元:総務省サイト「2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります」

自動車税の税率の引き下げ

2019年10月1日以降に新車登録した乗用車の自動車税が引き下げとなります。

減税額は1,000cc以下の4,500円が最大で、排気量が増えるにしたがって減税額が少なくなります。

軽自動車は減税対象外となりますので注意してください。

引用元:総務省サイト「2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります」

従来のエコカー減税は縮小か廃止へ

また、従来の自動車取得税と自動車重量税の税率を燃費性能等に応じて軽減するエコカー減税も2019年4月から変更されています。

自動車取得税の廃止に伴い、自動車取得税に対するエコカー減税の適用は2019年9月30日で廃止となります。

自動車重量税のエコカー減税の適用期間は2021年4月30日まで延長されましたが、内容の見直しが行われる予定です。

燃費性能に応じて購入翌年の自動車税を軽減するグリーン化特例(軽課)も2021年3月31日まで延長されることになりました。

ただし、2021年4月1日以降は電気自動車等に限定される予定となります。

引用元:総務省サイト「2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります」

2019年10月以降は支払い総額がいくら高くなる?

今回の自動車に関わる税金の変更と増税に伴いどのくらい新車購入時に支払い額が変わるのか、軽自動車、コンパクトカー、ミニバンの3タイプの車種で比較してみました。

なお、分かりやすいように車両本体価格のみで比較しています。オプションや値引き、その他費用は考慮していません。

軽自動車「ホンダ N-BOX」の場合

軽自動車は2018年販売台数第1位のホンダ N-BOXで比較してみました。

N-BOX G Honda SENSING(FF) 2020年度燃費基準+10%

項目 2019年9月まで 2019年10月以降 差額
車両本体価格(税込) 1,385,640円 1,411,300円 25,660円
自動車取得税 20,784円(2%の25%減税) 0円(廃止) -20,784円
環境性能割 0円(非課税) 0円
自動車重量税 5,600円(25%減税) 5,600円(25%減税) 0円
自動車税 17,200円(25%減税) 8,100円(25%減税) 0円
合計額 1,420,124円 1,425,000円 4,876円

結果は2019年10月以降は約5千円高くなるという結果となりました。

ただし、エコカー減税の適用期間が過ぎると自動車重量税、自動車税がグッと高くなりますので、軽自動車の購入を検討しているのであれば早めに購入することをおすすめします。

コンパクトカー「トヨタ アクア」の場合

2018年の販売台数ランキングでは日産ノートに首位を引き渡しましたが、それでも根強い人気のトヨタ アクアで比較してみました。

アクア S(FF) 2020年度燃費基準+50%

項目 2019年9月まで 2019年10月以降 差額
車両本体価格(税込) 1,886,760円 1,921,700円 34,940円
自動車取得税 0円(非課税) 0円(廃止) 0円
環境性能割 0円(非課税) 0円
自動車重量税 0円(非課税) 0円(非課税) 0円
自動車税 9,000円(75%減税) 7,625円(75%減税) -1,375円
合計額 1,895,760円 1,425,000円 33,565円

結果は2019年10月以降は約3万3千円高くなるという結果となりました。

自動車税が4,000円安くなっているので、長期間乗り続ければ差額は小さくなっていきますが、それでもやはり増税分をカバーするのは難しいでしょう。

ミニバン「トヨタ ヴォクシー」の場合

ミニバンはトヨタの人気車種「VOXY(ヴォクシー)」で比較してみました。

トヨタ ヴォクシー V(FF) 2020年度燃費基準+40%

項目 2019年9月まで 2019年10月以降 差額
車両本体価格(税込) 3,160,080円 3,218,600円 58,520円
自動車取得税 0円(非課税) 0円(廃止) 0円
環境性能割 0円(非課税) 0円
自動車重量税 0円(非課税) 0円(非課税) 0円
自動車税 10,000円(75%減税) 9,000円(75%減税) -1,000円
合計額 3,170,080円 3,227,600円 57,520円

結果は2019年10月以降は約5万7千円高くなるという結果となりました。

【まとめ】今のところ大きな違いはないが、2021年以降は納税額が増えるかも

税改正後も燃費基準をクリアしていれば税額にほとんど違いはありませんが、消費税が8%が10%へ増税した差額の影響が大きいので、結果としては支払額は高くなります。

ただし、エコカー減税も2021年以降に見直しされていく予定になっていますので、今後は納税額が増えることが予想されます。

買い替えを検討しているのであれば早めに購入する方が得策と言えます。

知ってますか?車は値引きより今乗っている車を高く売る方が簡単です

車を買うときに値引き額に目が行きがちですが、下取り額も気にしていますか?

車を購入したお店にそのまま下取りに出すと、購入する車の値引き額と下取り額で金額調整することができますので損してしまいます。

管理人も愛車だったヴィッツをディーラーに下取りした後に、あと30万円高く売れることに気がつき後悔しました

車を高く売るためには、複数の業者から見積もりを集めて買取価格を比較することが一番大切です。

申し込みも簡単で3分で終わりますよ。

>愛車はいくら?一括見積もりのお申し込みはこちら<

\無料でかんたん一括査定/

スポンサーリンク