2015年に一番売れた軽自動車ランキングが発表!いま買うべき車は?

2015年度はN-BOX(エヌボックス)が売り上げ1位を獲得!

社団法人全国軽自動車協会連合会の発表によると、ホンダのN-BOX(エヌボックス)が2015年度(2015年4月~2016年3月)に172,614台を売り上げ、軽自動車販売台数1位を獲得しました。

N-BOX(エヌボックス)は2011年12月にNシリーズの第一弾として発売され、軽自動車最大級の広さを誇る室内空間や使い勝手の良さから子育て世代を中心に好評を得ています。

前年の2014年度はダイハツ タントが201,442台を売り上げ販売台数1位を獲得していますが今回1位のN-BOXは172,614台と、販売台数ベースでみると約30,000台ほど少なくなっています。

軽自動車全体で見てみても前年対比で販売台数が増加したモデルは1台もなく、新車購入から中古車購入へシフトしているかもしれないですね。

 

1位から15位までのランキングは以下の通りです。

順位 メーカー 車名 販売台数
1位 ホンダ N-BOX 172,614台
2位 ダイハツ タント 155,768台
3位 日産 デイズ 140,413台
4位 スズキ アルト 106,852台
5位 スズキ ワゴンR 100,461台
6位 ダイハツ ムーヴ 99,466台
7位 スズキ ハスラー 93,212台
8位 ダイハツ ミラ 85,326台
9位 ホンダ N-WGN 84,268台
10位 スズキ スペーシア 75,780台
11位 ダイハツ キャスト 57,855台
12位 三菱 eK 43,297台
13位 ダイハツ ウェイク 37,350台
14位 ホンダ N-ONE 19,173台
15位 トヨタ ピクシス 18,703台

 

いま買うべき1台はN-BOXなのか?

順位を見てみるとN-BOX、N-WGN、N-ONEとホンダのNシリーズが3台もランクインするなど大健闘する結果となりました。

今回は惜しくも2位だったダイハツ タントは1位のN-BOXとは17,000台しか差がなかったので、2016年の巻き返しもあり得るかと思います。

3位の日産 デイズと12位の三菱 eKは2016年4月に燃費不正問題が見つかる前のランキングなので、2016年版のランキングは大きく変動する可能性がありますね。

軽自動車の購入を検討中であれば、いまのタイミングで購入するならやはり売れているN-BOX、タントあたりがおすすめです。

しかし、N-BOXは発売から5年経過しており2017年夏ごろにフルモデルチェンジの噂もありますので、新古車や状態のよい中古車を購入することも選択肢にいれることをおすすめします

[get_k_car_footer_01]