なぜ走行距離10万キロが車買い替えタイミングの目安なのか?

車というのは、日常生活を送る上で非常に便利なツールの1つです。

車があるだけで、遠距離を短時間で移動することが可能になります。

しかし、永続的に機能するものではない点が、車の欠点でもあります。

長い期間にわたって同じ車に乗り続けていれば、故障する可能性も出てきます。

そのため、買い替えが必要になるというわけです。

なぜ10万キロが車の買い替えのタイミングなのか?

車を買い替えるタイミングというのは、難しいところです。

使いものにならなくなるまで乗り続けるのが良いとは限らないため、適時適切に買い替えをする必要があります。

また、そのタイミングについては、10万キロと言われています。

そこで気になるのが、なぜ10万キロなのか?ということですね。

基本的に、10万キロも走っていれば、部分的に修理が必要なケースが出てきます。

また、部品交換が必要になるケースもあるでしょう。

そのため、メンテナンスにかけるコストが増えてくるというわけです。

わずかな金額で修理が済むのならいいですが、高額な場合は経済面での負担も懸念されます。

大事なことは、修理が頻繁に必要になってしまう前に買い替えてしまうということです。

その目安が、10万キロなのです。

もちろん、色々な見方があるため、10万キロになったら絶対に買い替えなくてはならないということではありません。

安く抑えたい場合はそのまま乗りつぶすべし

買い替える際には、できるだけ高く車を売却したいと思う人が多いでしょう。

確かに、何十万という額で車を売却することができれば、新しい車を買う際の負担が軽減されますね。

しかし、長年乗ってきた車を売却するという場合、あまり高い値がつかないケースが多いです。

また、10万キロ以上走ってきた車を売却しようとしても、価値ゼロと判断する業者が多いです。

満を持して車を売却しようとしたのに、1円にもならなかったというのでは残念です。

そのため、すでに10万キロ以上走ってしまったのであれば、そのまま乗りつぶすことをおすすめします。

乗りつぶすというと響きが悪いと感じる人もいるでしょう。

言い換えれば、車としてきちんと機能している場合は乗り続けた方が良い、という意味です。

きちんと走る車なのにゼロ円で売却するのはもったいないということですね。

買い替えを検討している場合は一刻も早く買い替えた方がお得!

先ほどご説明したように、長く車に乗っていると、その車の価値が下がっていくことになります。

そのため、あまり買い替えを先延ばしにしていると、後悔することになるかもしれません。

また、車の故障によって急な出費があったというケースが多くなると、その家庭の経済面にも影響が出てしまいます。

大切なことは、買い替えを決めている場合は一刻も早く買い替えてしまうということです。

決断を迷い、ただ時間だけが過ぎていってしまうというのは、マイナスでしかないでしょう。

まとめ

人によって、働き方やライフスタイルは様々です。もちろん、収入も人によって違います。

そのため、買い替えのタイミングというのも人それぞれでしょう。

しかし、安く買い替えができるのなら、それに越したことはないですよね?

中古車に買い替えるということであれば、確かに安く済むのかもしれません。

しかし、何万キロも走った中古車を買っても、すぐに修理が必要になってしまう可能性があります。

そこでおすすめなのが、新古車です。

新古車に買い替えるということであれば、低予算でも可能な場合がありますし、長持ちもします。

そのため、最近は非常に注目されているのです。

これを機に検討してみてはいかがでしょう。

知ってますか?車は値引きより今乗っている車を高く売る方が簡単です

車を買うときに値引き額に目が行きがちですが、下取り額も気にしていますか?

車を購入したお店にそのまま下取りに出すと、購入する車の値引き額と下取り額で金額調整することができますので損してしまいます。

管理人も愛車だったヴィッツをディーラーに下取りした後に、あと30万円高く売れることに気がつき後悔しました

車を高く売るためには、複数の業者から見積もりを集めて買取価格を比較することが一番大切です。

申し込みも簡単で3分で終わりますよ。

>愛車はいくら?一括見積もりのお申し込みはこちら<

\無料でかんたん一括査定/

スポンサーリンク